「売り手市場」って本当ですか?

今年の目標もむなしく、久々のまごころ更新です。。。


せっかくの採用担当日記なので、人事的なネタはないかな~、と思いつつ、なかなか明るみにできないのも人事ネタなのです(汗)

イーキャリアさんへの掲載も無事終わり、今回も多くのご応募ありがとうございました!!


アラキンも今回の採用活動を通して、ここ最近言われている「売り手市場」ということを実感したような気がします。
応募者さまとのスケジューリングもなかなか大変で、書類の時点でいいな、と思った方はみなさんテンポが速い。


その反面、せっかくの「売り手市場」なのに、もったいない。と感じることも。
応募企業への勉強不足や「この会社で働きたいんです!」という意気込みが感じられず、こちらとしてはいい人材でも、次のステップまでは及ばなかったり・・・。


やはり結局は人物面を見る、ということは就職氷河期でも売り手市場でも変わらないことですし、中途採用の場合は余計に基準点が甘くなることはあまり無いのかもしれません。
そういった意味では「売り手市場」と言えども、結局企業側も厳選してしまうゆえ、言葉どおりとまではいかない状況のように思います。


しかしみなさま、面接官はちょっとした努力で「いいね!」となるものなのです。
ちょっと気が抜けた瞬間が気になってしまうものなのです。

「遠足は家に帰るまでが遠足だぞー!」
と、昔先生に言われたように、
「面接も会社を出るまでは面接だぞー!」

と、いうわけです。


結局どっちだよー!と言われてしまいそうですが、
つまるところ多く企業の人材不足自体は事実深刻ですから。

これから転職する人もそうでない人も頑張ってください!


面接は自分をプレゼンテーションする場です。
「う~ん。」と唸ってしまうようなプレゼンお待ちしております。

 

アーカイブ

検索


RSS Feed

 
Copyright© 2006-2014, News2u Corporation.