スタッフインタビュー vol.8

さて、今日は久々のスタッフインタビューです!

DSC00466.JPG


本日のターゲットは・・・、うっしーさんで~す。
事業開発部で開発を担当、うっしーとみんなから呼ばれています。
この羊プロジェクトの一員です。


なんとアラキンと同じ出身地なんですよ~!
ではそんなうっしーさんってどんな人なんでしょう??

Q1.N2uに入られたきっかけは何ですか?

前に勤めてた会社がつぶれました。路頭に迷いそうになっていたところを救っていただきました。

アラ「オオ!それは大変な経験をされたのですね・・・。結果オーライでよかったです。」


Q2.N2uに入ってからの印象はどうでしたか?

入社した頃と今ではずいぶんメンバーも違うので印象も変わってきてます。最初はみんな若いなと思いました。今はどうなのかと聞かれると答えに困ります。若いわりに静かだなと思ったのは他の方と一緒ですね。

アラ「・・・、私もコメントに困ります(笑)確かに実年齢より落ち着いた方多いかもしれないですね~~。でも逆に年齢層が上の方は実年齢より若い方が多いような・・・?不思議なものです。」


Q3.簡単に一日の流れを教えてください。

これ答えるとまずい気がするな…。減給されないことを祈ります。とりあえず新着メールにひと通り目を通しますが、ほとんどは自宅で読んでるので急ぎのメールだけチェックして作業が必要な場合は作業します。それからは作業しつつネットのニュース読んだりブログ読んだり。情報依存症らしく、新しい情報を仕入れないと死ぬんじゃないかと思います。作業に集中してる時間はそれほど多くないです。急ぎで重めの作業がある日は情報不足で機嫌が悪いです。

アラ「情報依存症・・・。すごいですね。。。でも私もニュース好きなんですよ、TVも新聞もWEBも。同じニュースを何度も見たりしちゃいます(笑)」

Q4.今やっている仕事のおもしろさ、辛さを教えてください。

作りたいモノを思い通りうまく作れた時に感動します。自分がすごい人(たまに世界1位)になった気がします。その反面どれだけ時間を使ってもうまくいかない時は苦しいです。誰かに慰めてほしくなります。

アラ「そうですか~~。やはりモノづくり系のスタッフさんたちはそういった生みの苦しみや喜びがあるのですね!まあ疲れたときはきなこもちアイスでも一緒に食べましょうよ!!」

Q5.今後の目標は?

無事に明日をむかえること。

アラ「ん?それって最近CMでまるちゃんが言ってましたよ同じこと(笑)でも明日を無事にむかえるって当たり前なことだけど、大事なことですよね!!!あ、熱くなってしまいました。」

Q6.お休みの日のリフレッシュ法はなんですか?

美味しいごはんを食べる。

アラ「えー?まさかお料理得意とか!?いやしかし秋になってご飯がおいしい季節になってきましたよね。アラキンも平日はわびしいご飯を食べることが多いので、休みの日くらいはおいしいご飯が食べたいものです。。。」


Q7.今はまってることってありますか?

細木数子の来年のやつを本屋で立ち読み。かなり運勢がいいらしいです。
あと、レスニーってチェコの人形がたくさんほしいです。

アラ「細木数子!!(笑)ちょっと意外です~~。レスニー?あ!あの机の上にあるカエルさん!?うっしーさんって実はメルヘン?レスニーってカエル以外にも色々あるんですねえ。」
DSC00466.JPG

Q8.血液型は?

A 型です。A 型に見られたことがありません。だいたい B 型か O 型に間違えられます。

アラ「あ、仲間です。私もA型に見られることはほぼありません(苦笑)なんなんでしょう。」

Q9.ここでひとつ、動物占いを!どうでした?


ゾウでした。威厳があって、キレると怖くて、コツコツ努力して、常になにかに打込んでいたいらしく、人の話を聞かないわりに頼まれると断れないという柔軟性を持った人間らしいです。ぱおーん。
アラキンはなんでしょう?

アラ「なるほど~~。なんとなく当たってる気がします。私ですか?私は黒ひょうです。昔T子さんに黒ひょうですよって言ったら『ぽーーーい!』と爆笑された覚えが・・・。どういう笑いだったんでしょう。。。」

Q10.ちなみに似ているといわれたことのある芸能人は?

料理の鉄人のフレンチの人。

アラ「プッ。クククククク・・・>m< いや、目の辺りが若干ね・・・。」


Q11.心がけているオフィスファッションは?

気を抜かない。おっさんぽくにならないように。

アラ「おお、うっしーさんおしゃれですよね!これはみなさま見習って欲しいものです。それがみんなのモチベーションに繋がります!」

Q12.これからニューズ・ツー・ユーに入りたい!という人にニューズ・ツー・ユーの良さを語ってくれませんか?

机が広い
声を出してやりたいことを伝えればチャレンジさせてもらえる。「声を出す」ことが重要です。

アラ「まさにそうですね!机の広さもさることながら、壁が少なく声が通りやすい、意見が上にあがりやすいのもいいところですね!他の会社ではなかなか体験できないようなことができるかも!?」

と、いうわけでうっしーさんには同郷のよしみで軽いプレッシャーをかけつつ、盛りだくさんなインタビューに答えていただきました!
うっしーさんどうもありがとうございました。やっぱり九州男児は熱いっス。

 

アーカイブ

検索


RSS Feed

 
Copyright© 2006-2014, News2u Corporation.